コメントする

植物性

 

あなたは、どのような目的、狙いで印鑑を購入するかを決めたのならば、その目的や狙いにふさわしいバッチリ印鑑素材を、くれぐれも慎重に選びましょうね。

印鑑材料にありがちな柘という木は、世界中の熱帯地域に数多く生息している植物なのであります。

柘という木には、黄褐色で緻密ともいえる独特な模様が入っていたりします。

柘という木は、櫛、チェス、将棋の駒などにもたくさん使用されているため、日本人にもだいぶなじみが深い素材なのであります。

日本国内の印鑑素材では、九州南部に位置する鹿児島県産の柘(薩摩本柘)がバツグンに良質な印鑑素材として大きな人気を集めているのであります。

鹿児島県産の柘(薩摩本柘)が大きな人気を集めている理由の一つとしては、植物性の印鑑素材であることも迷いなく挙げられることでしょうね。

だいたい日本印章業界においては、植物性の印鑑素材で作られた印鑑というのは日本人の手になじみやすい傾向があるということが常々言われているのであります。

いっぺん、鹿児島県産の柘(薩摩本柘)を使ってハンコを作り、現在あなたが会社や家で使用されている変な印鑑と比較対象してみられてはいかがでしょうかね?

鹿児島県産の柘(薩摩本柘)は、日本印章業界に数多ある植物性の印鑑素材の中でも、印鑑作りに最も適している印鑑素材なのであります。

印鑑の素材をどれにしようかとあれこれ迷われている日本人の方は、柘印鑑材料を基準にして、自分のニーズにバッチリ合った相性バツグンの印鑑素材を選ばれてみてはいかがでしょうかね?

https://xn--n8jv27hyrfio5d.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です